マリンアクアリウム時々シャコ

マリンアクアリウムとシャコの魅力を知ってもらうブログです。

モンハナシャコの飼育について

モンハナシャコの飼育に必要なものをピックアップしていきます。

アクアリウム初心者の方のためにも少し詳しく書こうと思います。

 

・水槽(ガラスorアクリル)45cm~60cm

・ろ過装置

・エアレーション

・海水

・底砂

・ヒーター

バクテリア添加剤、ライブロック

 

まず水槽ですが、ガラスとアクリルの2種類有りますが。正直どちらでもかまいません。

ガラスのメリットは傷がつき難い、透明度が高いという点ですね。

アクリルのメリットは衝撃に強い、軽い、あたりですね。

水槽のサイズですが、シャコのサイズによって45cm~60cmくらいで選びます。

シャコサイズが7cmくらいなら45cm水槽でも十分飼育できます。

シャコサイズが15cm前後ともなると45では窮屈なので60cm水槽にします。

あとスリム水槽というのがありますがそれはNGです狭すぎます。

水量が多いほうが水質管理は簡単なので大きければ大きいほど良いです。

ですがその分、海水や砂の量を多く購入しなければなりません。

 

次にろ過装置ですが、モンハナシャコは強い肉食性ではありますが、しっかり食べ残しの処理さえしてあげれば水はそんなに汚れません。60cmなら上部ろ過装置+水作シリーズ 45cmなら外掛け式で十分です。

また、リングろ材や粗めのサンゴ砂をろ過装置内にたくさん詰め込むとろ過能力を上げることが出来ます。これにはバクテリアが関係してきますが後で説明いたします。

 

次はエアレーション。こちらは上部ろ過装置や外掛け式は空気を取り込みながら循環するので必要ないですが、必要だと感じた場合は水作エイトなどでエアレーションするといいでしょう。場所を取るのがいやな場合はエアストーンを購入してエアレーションしましょう。

 

次に海水ですがご存知の通り海の生物ですので飼育には海水が必須です。

海水の調達方法は海から汲んでくるか、市販の海水用の塩を購入し水と混ぜるかの二択ですね。

市販の海水用の塩を購入する場合はカルキ抜きも一緒にはいっているものを購入すると楽です。

また塩分濃度を測るための比重計も必要ですので一緒に購入する必要があります。

 

次は底砂ですが種類はサンゴ砂です。

シャコは掘るのが好きなので多めに必要になります。

砂の粒のサイズですが中くらいの粗さでOK。

 

ヒーターは冬場必要です。水温は24℃くらいに保ちましょう。

夏場は逆にクーラーも必要になりますね。水槽サイズに合ったものを選びましょう。

クーラーは本格的なものではなくファンで大丈夫です。

 

次のバクテリア添加剤ですが、自然界にはたくさんのバクテリアがいて死体や動物の糞を分解、浄化し生物の生息しやすい環境が作られています。

これをいわゆる生物ろ過といい、バクテリアの力で水をろ過します。

しかし1から海水をつくるとバクテリアは0です。

そこで、意図的にバクテリアを添加して水槽の中で増やしていく必要があります。

またバクテリアは基本的に浮遊しているのではなく、サンゴ砂やろ材の小さな小さな穴を住処とします。なのでそういう住処を水槽に入れてなければバクテリアをどれだけ添加しても増えていきませんので、ろ過装置内にたくさんろ材や砂を入れるのが効果的なのです。

また、あわせてライブロックといわれるたくさんのバクテリアが中で生きている石が売ってあります。こちらはバクテリアの住処になると同時にシャコの住処ともなりますので必要となります。

 

これで大体飼育に必要なものはそろっていると思います。

また、水槽内に十分なバクテリアが繁殖することを水槽が立ち上がったといいます。

それまでにバクテリアの餌となる糞などが必要となりますので、シャコを飼育する前に、その飼育予定の水槽にサンゴ砂、ライブロック、ろ過装置等全てセットして、ペットショップで安く購入できるスズメダイの仲間などを購入して水槽に投入し約1ヶ月ほど飼育してください。

 

そうすれば水槽も立ち上がりモンハナシャコを迎え入れる準備が完了となります。

 

これで最後になりますが、衝動でモンハナシャコを飼育してみたい!となる気持ちは十分にわかります。

ですが、絶対に適当に飼育することはやめてください。

ちゃんと飼育してあげられないのなら諦めてください。中途半端な飼育が一番かわいそうです。

また、飼育したら最後まで必ず面倒を見てください。逃がすなどは言語道断です。