マリンアクアリウム時々シャコ

マリンアクアリウムとシャコの魅力を知ってもらうブログです。

シャコ水槽一新!新メンバーのお迎え。

どうもえるふねです:)

すごく久しぶり記事を書きます。

先週金曜日から土曜日にかけて、新しく迎え入れるフトユビシャコ2匹と、前から飼育しているモンハナシャコ水槽の一新を実施しました。

なかなかハードなもので、ほぼ丸1日費やしました(p_-)

新しく沖縄、大阪のショップから2匹のシャコがこの2匹です。

沖縄のショップさんから来た子は沖縄産で緑の縁取りと、一対のオレンジの斑点が特徴的なフトユビシャコでした。とても美しく見惚れてしまいました。
ちなみにメスでした。

もう1匹は全身綺麗なオレンジのシャコ。こちらも女の子ですが、フトユビシャコと書かれていたものを購入しました。ショップの画像では分からなかったのですが、届いて観察してると何か違和感。
捕脚にフトユビやモンハナのような打撃用の膨らみが無い…ヽ( ̄д ̄;)ノ
他にも尻尾の先端のトゲ、また頭や目の形状などがフトユビのそれとは全く違うことがわかり、手持ちの図鑑を引いてみると、上記の特徴から「ホソユビシャコ」であることが判明(^-^)v

いろんな種類のシャコを飼育したい自分にとってはすごく嬉しいことでしたし、見たことのないシャコ科の同定は非常に興味深く、良い経験となりました。

これで私の飼育しているシャコはモンハナ、フトユビ、ホソユビの3種となりました!♪( ´▽`)


本題の、水槽ですがコンセプトを考えており、「スペースの有効活用」です。

前々から、ペットショップで水槽仕切り用のセパレートを見つけてから、60水槽ならセパレートを2枚使って、3つに仕切って1つの水槽でシャコを3匹飼育することが出来るんじゃないかと考えていました。

それを実行したのがこちらの水槽です。

とても見栄えも良く、管理観察がしやすい水槽は出来上がったと思います。

セパレートには無数の穴が空いてますが、水流が打ち消され滞留しがちだと思ったので小さいポンプを2つ置いています。

こんな感じで水槽が仕上がり、3匹を観察するのがとても楽しみです。

まだ新しい環境に慣れてないようですが、1週間もすると慣れると思います。


最後になりますが、

海洋生物と言うのは1匹飼育するだけでもかなりのスペースを取りがちです。

シャコはそんな中でも同じ空間で飼育すると高確率で喧嘩し、貝をも砕くパンチの撃ち合いはひどい場合には相打ちで両方死んでしまう可能性もあります。
私はそれを経験しとても悲しい思いをし反省しています。

そこでこのような仕切りアイテムを使って一つの水槽で複数同時に飼育するとスペースも省けて、管理もしやすく、人間にとっても飼われている生物にとっても、良い環境にできるのではないかと思いました。

これからも両者にとって良い環境作りを心がけていこうと思います。


おわり